2010年12月02日

WE G39Cのストックを交換する。




さて、自分のG39Cは開封後1時間でG36Kになっていたのですが、まだ完全な状態ではありませんでした。
そう、ストックがG36Cのストックのままなのです。
(ただ実銃でもCストックのG36Kも存在するようです。)

でも自分は気に入らないので、今回はこれをどうにかしようというお話。



まず、G39Cはストック基部に実銃を模した突起があるためにマルイタイプのストックが使用できません。
これがG39CをG36K・フルサイズ化する上での最大の「壁」になっている理由でもあります。

というわけで、





買ってきました。G&P製のG36フルサイズ用ストック。
ちなみにこの子、某ショップの投げ売りコーナーに半年以上いたのに誰にも拾われなかったちょっとかわいそうな子だったりします。





中身。







このように本体と接する面に実銃同様空洞があるタイプなので、





この通り、取り付けるだけなら無加工で行けます。
取り付けるだけなら…。








が。









この通り、ヒンジ部分の形状が違うため、このままではストックが折りたためません。





仕方がないので、G39C純正ストックの形状と同じになるように印をつけ、様子を見ながらゴリゴリすること1時間…




この通り。軸の周辺を削っているので耐久性がちょっと心配ですが大丈夫でしょう。

そして装着…






見事、ストックが畳めるようになりました!
これでようやく完全なG36Kになったわけです。
一応電動からパーツを持ってくればフルサイズにもなりますが。








ただ気になるのはこの本体とストックの間の2mmほどの隙間…
(この隙間は電動でも発生するみたいです。)
耐久性にも影響するので何とかしたいところですが、現在2mm厚のプラ板もプラリペア先生もないので気休め程度に2mm厚のゴム版で対処してます。




同じカテゴリー(特務伍長)の記事画像
APS-3捕獲の巻
ねんがんの マークスマンバッジを てにいれたぞ!
はじめてのAPS
精密射撃競技向け96式狙撃銃
WE M4系列用オープンボルトコンバージョンキットIYHの巻
G36 刻印ジェネレーター
同じカテゴリー(特務伍長)の記事
 APS-3捕獲の巻 (2012-03-16 23:20)
 ねんがんの マークスマンバッジを てにいれたぞ! (2012-03-01 23:13)
 はじめてのAPS"公式"参戦 (2012-02-27 12:44)
 精密射撃競技向け96式狙撃銃 (2012-01-28 20:18)
 WE M4系列用オープンボルトコンバージョンキットIYHの巻 (2011-07-03 00:46)
 G36 刻印ジェネレーター (2011-02-06 01:30)

Posted by ミリタリー研究会  at 00:02 │Comments(2)特務伍長

この記事へのコメント
ストックに関しては、購入して4日でマルイタイプのストックベースをつけてMAGPUL PTSのPRSストックつけてた馬鹿がいましたけどね。しかも粗雑に扱ってぶち壊したりしていました(笑)

マルイのG36との互換性は乏しいので、Laylax関連のパーツは殆ど無加工じゃ取り付かないですが、逆に言えば加工すればだいたいつきますよね。うちのスイベルもLaylaxのものですし。だれかSTARのSL-9コンバージョンを組み込んだ人はいないのかな?

ドイツ銃なだけあってでかくて、クルツにしてもハンドガードをコスタ持ちするのが難しく、しぶしぶコンパクトサイズで運用していますが・・・・・・。やはりフルサイズのストックがついたG36Kはかっこいいですよね!!

あ、あとブログお気に入りに追加させて頂きましたので、一応ご報告いたします♪これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 影山 回影山 回 at 2010年12月02日 02:23
>影山様

お気に入り登録ありがとうございます!こちらこそよろしくお願いします。
Laylaxのスイベル、要加工ですか…。ちょっと検討していたので情報ありがとうございます。
強度の問題もあるのでパラコードリングで何とかしちゃおうかなぁ…。
SL9コンバージョンキットは…いくらなんでも無理でしょうけど、もし組み込めたら勇者確定ですねw
Posted by 特務伍長 at 2010年12月02日 23:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。