2010年12月25日

聖誕祭の戦い

2010年12月25日
聖ニコラウス師団第3旅団 航空騎兵中隊は日本国関東地方において年末の任務に付いていた
しかしクリスマスにプレゼントをもらえなかった者や
リア充を憎むあまり暴徒化した民兵の攻撃を受け、生存者一名を残し壊滅するという大損害を被る


作戦前の中隊幹部要員をとらえた貴重な写真である。※ここにいるのは中隊全員ではない
前列右端はこの作戦で唯一生存する隊員である

ストックホルムの聖ニコラウス師団司令部では「血の聖誕祭」「ブラッディ・チバ」と呼ばれ、
最悪の事件として記憶された
第3旅団も遺憾の意を表明すると共に部隊を再編成し、年末から年明けにかけて
同地で掃討作戦を展開する予定でいる

まぁおふざけはこのくらいにしておいて

我々ミリ研はいつものアニキ様チームと合同でデザートユニオンに突撃してまいりました
参加メンバーは高橋君と石原君、私小松でした
クリスマスという事でサンタ装備で行ったのですが、そんなのやってるのは自分たちだけでした
その中でフィールドまでサンタ着て行ったのは自分のみでした
当然と言えば当然の結果ですが・・・


弾速計測後にホップ調整を行うチーム員
その場に居合わせた全ての人がやるせない笑顔になる光景でした
ちょうどこの記事を呼んでいるあなたも同じ顔をしているはずです
「なんて声をかけたらいいんだろう・・・」
そんな疑問が頭をよぎるはずです
たぶん一生考えても答えは出ません



逆光ゴメン・・・
イシハランコフです。逆光強すぎでわかりづらいですけどバイポで立ててます



観測手と一緒に
サンタ帽にツノがついているのがポイントです。赤いツノ付きです



午後からはサンタチームはぶっちゃけ飽きたので、一名を残して装備を交換
自分はけっこう久しぶりの日本兵をやりました


外套を導入して寒さ対策も万全。楽しくゲームできました

午後はこの格好で
戦車を押したり
自走砲を押したり
至近距離から十字砲火を喰らったり
めちゃくちゃに叫びながら突撃したり
男同士でクイーンをレイプするとかキングを掘るとか(フラッグ攻撃のスラング)言ったり
最高のクリスマスを過ごせました


追記 エイラ・イシハランコフ・ユーティライネン

クリスマスイブで鳴らした俺たちサンタ部隊は、不審者の罪を着せられ当局に逮捕されたが、

刑務所を脱出し千葉に潜った。しかし、千葉でくすぶってるような俺たちじゃあない。

筋さえ通りゃ金次第でなんでもやってのける命知らず、不可能を可能にし、巨大な悪を粉砕する、

俺たち特攻野郎Sチーム!









やだなにこのネタのオンパレードは……
追記 高橋です。


上の二人と違ってネタ無しのガチ画像ですぜフヒヒヒヒ。大量投下だ行くぜこらああああああああああ
・戦闘編



















・撮影会編










皆さんお疲れ様でした~~~~~!!



同じカテゴリー(活動報告)の記事画像
【新生ミリ研】幽霊屋敷でCQB!イェイ!【初部内戦】
【久しぶりの】ミリ研 in BLAM【部内戦】
あの日取られた文化祭の特賞を僕はまだ悔やんでいる。
【人数的な意味で】血の日曜日【大爆死】
【デザートユニオン】 花咲くみりけん 【チャリティーマッチ】
【また】2011 02-11 交流戦【雪かよ】
同じカテゴリー(活動報告)の記事
 【新生ミリ研】幽霊屋敷でCQB!イェイ!【初部内戦】 (2012-05-06 12:30)
 【久しぶりの】ミリ研 in BLAM【部内戦】 (2011-11-23 17:31)
 あの日取られた文化祭の特賞を僕はまだ悔やんでいる。 (2011-10-10 17:08)
 【人数的な意味で】血の日曜日【大爆死】 (2011-05-09 16:01)
 【デザートユニオン】 花咲くみりけん 【チャリティーマッチ】 (2011-04-04 19:50)
 【また】2011 02-11 交流戦【雪かよ】 (2011-02-15 16:00)

Posted by ミリタリー研究会  at 21:59 │Comments(2)活動報告

この記事へのコメント
おぉ!あの日本兵の方でしたかw
あの立ち姿の写真を撮らせていただいた者ですw
あの日ほど日本兵でこなくて失敗したと思った日はありませんでしたよw
またどこかのフィールドでお会いできることを期待しておりますb
Posted by まつり at 2011年01月24日 17:58
撮影手伝っていただきありがとうございました

次にお会いするときは日本兵でお会いしとうございますw
少数派ではありますが同じ日本兵として、
健闘をお祈りさせていただきます
Posted by 小松 at 2011年01月25日 13:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。