2011年03月05日

【不定期連載】適当に(ry感想を述べる会【第三回】





どうも、サバゲ分が絶賛不足中のDHU(ry高橋です。

最近過疎り気味な当ブログですが、メンバー全員、活動は(ミリタリー的な意味で)密かにやっております。(たぶん)


ついにTOP製M4の発売日が3月16日に決定してしまったようです。
買えるだけのお金は溜まっているんで、あとは俺のチキンで紙より軽い度胸次第です。


前置きはここら辺までにしておいて、誰得の映画(ryの会、第三回目です。

今回はロベルト・シュヴェンケ監督作「RED」の感想文です。お暇でしたらどうぞ!

そして今回もネタばれ注意でお願いします~




じゃあ僕は邦枝 葵ちゃん!!

とある日曜日の朝、朝飯を食いながらべるぜバブを鑑賞。
葵ちゃんのかわいさに朝からキモい笑みを浮かべまくった後、最寄の映画館にて「RED」を鑑賞しました。

完全に余談だけど葵ちゃんのCVが豊崎さんなのだけれど、やはり豊崎さんはツンデレタイプの声優さんではないなーと思ったり。いや、かわいいからいいけど。やっぱ唯、初春、モモ、リサあたりのおっとりタイプのほうが合ってますね。放浪息子の白井桃子も豊崎さんやってるけど最初豊崎さんってわかんなかったですね。ああいう役の声もできるんだなって正直舌を巻きましたね。そういやToらぶるダークネスアニメ化するらしいけど豊崎さんとかのモモの例のシーンが見れるとなると………ふぅ。まぁ結局なにが言いたいかって言うと葵ちゃんマジかわいいってことですかね。



はい、そういうわけで「RED」の感想ですが、一言で表すなら、見終わった後もうお腹いっぱい、もういろいろな意味で「お腹いっぱい」になる映画でした。

~お腹いっぱいポイントその①~冒頭10分でお腹いっぱい
朝起きる→のんびり朝飯を食ったり、新聞を読んだりする。→年金センターのオネーちゃんに(今作のヒロインを演じるメアリー=ルイーズ・パーカー。超美人ってわけでもないけどなんか……グッと来る)アメリカ的なラブい電話をかける→なんか突然完全武装の特殊部隊がやってきて家を蜂の巣にするが、ブルース無傷で特殊部隊を一人で全滅させる。



この映画全体を通して最高だったのがこの↑冒頭の10分間。
のらりくらりとしたブールスの孤独な日常カットから(ブルース演じる主人公の退屈さが伝わってきて良かった。)、一変してアクション映画のテンポ良いカット割へ。もうすでにここら辺でお腹いっぱい。
もうちょいここら辺丁寧にやってほしかったけど


~お腹いっぱいポイントその② ~ 俳優陣が豪華すぎてお腹いっぱい



なにがお腹いっぱいかっていうと、もう予告編の時点でわかってたけど、出演者がクソ豪華なこと。しかも普段こんな(こんなとか言っちゃ失礼かもしれないが)映画には出ないような豪華なキャストが出演している!

・ブルース・ウィリス
・モーガン・フリーマン
・ジョン・マルコヴィッチ

↑はまぁ言わずもがな……超有名キャスト。アクション映画にも良く出る見慣れた顔。(マルコヴィッチだけはちょっと違うかな?)そしてマルコヴィッチの怪演っぷりに脱帽。


・ヘレン・ミレン


な ん で こ の 作 品 に 出 演 し た し

「クイーン」で見事なエリザベス女王を演じた超弩級大女優にMP5もたせて「私、人殺しが得意なの(はぁと」なんていうセリフ言わせたりM2キャリバーをガンガン撃たせたり……大女優のこんな姿が見れるなんて………ふぅ。




ブライアン・コックス 
アーネスト・ボーグナイン(←!!)も出演してるのに驚いた!まだ生きてたのか

もう映画の隅から隅まで、超大物俳優だらけ(ジジババオンリー、だがそこがいい!)、もうお腹いっぱいです。

お腹いっぱいポイントその③~〝ライトな〟アクション満載でお腹いっぱい~

アクションシーンは、自宅での銃撃戦や、狙撃戦とか、カール・アーバンとブルースの格闘戦だとかM2ぶっ放しだとか、いろいろあるのですが、それらが軽いジョークで中和されながら話が進むので、アクションシーンがたっぷりでも、と疲れませんでした。

けどこのライトな部分が観客の好みを分けるのかなーと思ってみたり。
ジョークかましながら銃をぶっ放すってのは個人的に大好きなんですが人によっては「ダラダラしてる」と感じてしまうかもしれません。


脚本の内容自体は、正直1万3000番煎じなのですが、随所に入る人物達の「描かれてない」エピソードが面白かった。

ヘレン・ミレンとブライアンコックスの逆「私を愛したスパイ」や、マルコヴィッチの「CIAに洗脳」されたエピソードなど、セリフの端っこにちょこちょこと出てくる、登場人物たちの過去話がスパイ映画に対するオマージュ(作品全体がそうな気もするが)面白かったです。



まだやってるかどうかわからないけど、暇つぶし&何も考えずに観たい時には絶好の映画です。(ストーリーはまぁ……アレですが。)


ヘレン・ミレンが銃ぶっ放してるだけでも観る価値があるような気がします。

是非、ご覧あれ!


次は「太平洋の奇跡」だと思われ。

以上ダラダラと高橋がお送りしました。



同じカテゴリー(高橋)の記事画像
【久々の】前部長のどうでもいいはなし【投稿】
【ピチピチメンズ】ヤングだらけのサバゲー大会【大集合】
【突発的】僕の背中を君に任せる【小ネタ】
【RAID定例会】天空の城RAID【初参加】
【アメリカ】チャック・ノリスについて駄弁ってみる【最強の男】
【こんな装備で】新兵装(ver1.00)【大丈夫か?】
同じカテゴリー(高橋)の記事
 【久々の】前部長のどうでもいいはなし【投稿】 (2012-03-26 20:41)
 【ピチピチメンズ】ヤングだらけのサバゲー大会【大集合】 (2011-09-01 16:11)
 【突発的】僕の背中を君に任せる【小ネタ】 (2011-07-28 20:51)
 【RAID定例会】天空の城RAID【初参加】 (2011-07-25 19:46)
 【アメリカ】チャック・ノリスについて駄弁ってみる【最強の男】 (2011-05-31 19:11)
 【こんな装備で】新兵装(ver1.00)【大丈夫か?】 (2011-05-18 14:53)

Posted by ミリタリー研究会  at 12:03 │Comments(0)高橋

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。