2011年07月26日

最近のサバゲ

どうも、最近友達に「やつれたね」と言われた二号です。
今回は遅くなりましたがこの前行ってきた24耐とRAIDの感想とかを書いていきたいと思います。

まずは24耐の感想を

前日から興奮と不安でテンションがアップダウンを繰り返していましたが、朝になるとケロッと赤羽まで二本目のMAC10を買いに行き空を見上げ
「今日は絶好の地獄日和だな~」と自分でも意味不明な感想を抱きつつ帰宅。家にて荷物の最終チェックを行って千葉駅へと向かいました。
駅では無事先輩方と合流、その後バスが少なくてタクシーを使うというアクシデントやコンビニが近いと思ったらそんなことは無かったりしましたがフィールド到着。
この時点でテンションはいい感じに上がってました。
着替えたりして持っていく荷物を陣地へ持って行き、オーナーなどによる説明後最高の地獄が始まりました。
自分は先発隊に混じって走り速攻で撃たれて帰還、その後もフィールドを把握する為に休憩を挟みながら何回か出撃しました。
ミニガンの音が聞こえた時は戦慄しましたね。高台から下に向かっての闘いでは途中のバリケードを倒して使いたい衝動に駆られましたが抑えました。
暗くなってからも出撃を繰り返し、ホフク前進にて隠密に攻める時がありましたが、その時の敵のライトの恐怖は忘れられません。
さらに夜は夜襲に合ってしまいました。その時の自分は夜ご飯を食べようとしたり寝ようとしたりしていたのでつい声を荒らげて「ぶっ◯してやる!!」と叫んでしまいました。
その後も何回か夜襲に合い、「きっと寝られないんだ」と心の中でポツリと思い入り口でうろちょろしてエセ警備のようなものをしていました。
向かって歩いて来るのは敵なんじゃないか? あそこにいるのは本当に味方なのか? 今音がしなかったか? そこに誰かいるんじゃないか?
などなど疑心暗鬼になりながらのエセ警備はスリリングでしたね。
そういえば一回仲間の付けている赤サイリウムが敵の緑サイリウムに見えて銃向けながら「赤なら赤と言ってください、言わなければ撃ちます!!」
みたいな感じで必死こいて叫んでましたね。お恥ずかしい限りです。
陣地交換後俺はさすがに疲れたので2時間寝させてもらい、その後MAXコーヒー分を摂取して戦線へと復帰いたしました。
半日前とは逆のルートの攻めに最初は少し戸惑いましたが、直ぐになれると何度も何度も何度も突撃しては帰ってチェックを繰り返していました。
幸いフィールドが森ということで日光などの暑さは大丈夫でしたが後半戦は半袖で闘っていました。
敵の裏を取る為の部隊が発足された時は手を上げて参加させて頂き、
先頭を走りながらMAC10を両方連射し戦線を上げるという我ながら頑張ったのではないかという働きをしました。
ヒットされて帰ると「ジョン・ウー撃ちしてたよw」と言われ、苦笑いしながらも心中では恥ずかしくて転げまわったしだいです。
24耐終了が近くなるとお互い戦力を積極に前へと出して行き、あちらこちらで激しい銃撃戦が繰り広げられていました。
結局ブロークン・アローはお互い一回も無く終了、その後片付けをして最初の説明があったところで表彰式が行われました。
自分は嬉しいような悲しいような一番死んだで賞を頂き、商品としてリボルテック骸骨剣士初版を有り難く貰いました。
帰りは陣地にて一緒にいた黒さんに車を出して頂き駅まで乗せて行って貰いました。
この場を借りて黒さん改めて有難う御座いました。ゲリラ軍の皆様足を引っ張てしまい申し訳ありませんでした、そしてお疲れ様でした。
フィールドを貸してくださったBBジャングル様も本当に有難う御座いました、また来年も行きたいと思っています。

総括して初めての24耐は自分的には「地獄と言う名の天国」でしたね、突貫しまくれてMAC10二丁を思う存分ぶっ放せたのですから文句のつけようがありません。
9月の24耐が楽しみで仕方が無いですね。

長くなりましたが次にRAIDの感想を。

24耐一週間後で不安はありましたが、初めての狭いフィールド、初めての森じゃないフィールドという事で興奮が勝りましたね。
最初RAIDを見た時は「僕向きのフィールドじゃん!」と思いましたが、やってみるとそんなことは無く、終わった時には逆に「障害物多くてやり難い!」となっておりました。
まぁそれも自分の経験不足が原因ですね。相手チームは経験十分な方ばかりな印象を受けましたし、闘っていて「あぁ、経験の差がすごい」と思いました。
今年中に全部で10回は行きたいと思いましたね。
下が砂利という事で走り辛く、膝が痛かったです。縦の走りが障害物のおかげであまり出来ず、横の走りが多かった気がします。
試合の中ではフラッグを取りに行く相手とフィールドの端同士で走りながら撃ち合うという映画の様な出来事もありましたね。
スパイ戦では二回共細谷君を疑っていまいしたが結局的はずれで、二回目などまんまと先輩に騙され撃たれてしまいました。
大将戦では大将である先輩が敵大将を倒しに行くという熱い展開が記憶に残っています。
RAID様や一緒に闘ってくれた方々、敵チームだった皆さん本当にお疲れ様でした。そしてまた闘う事ができたらとても嬉しいです。

終わって一番思ったことは「RAIDで早く部内戦をやりたい」でしたね。
先輩方や一年の皆と敵になったり味方になったりの楽しい戦闘を切に願います。

サバゲ感想はこんな感じでしょうか、24耐の写真はBBジャングル様のホームページに少しありますので見たい方は行ってみてはどうでしょう?
RAIDの方は高橋先輩の記事の方で上がっているので是非是非見てください。

次は夏休みに行きたいですね。
それでは最近なんかトリガーハッピーに目覚めつつある福田二号の駄長文でした。
読んで頂き有難う御座います。
何処かのフィールドでこれを読んでくれた方と闘う事ができる日を楽しみに待っています。





同じカテゴリー(福田二号(仮))の記事画像
久々の装備紹介
新武器
初陣!
新装備!!
新武装!!
初めまして
同じカテゴリー(福田二号(仮))の記事
 久々の装備紹介 (2012-07-22 19:49)
 新武器 (2011-10-13 19:24)
 初陣! (2011-06-29 21:26)
 新装備!! (2011-06-20 23:41)
 新武装!! (2011-06-14 18:31)
 初めまして (2011-05-30 13:08)

Posted by ミリタリー研究会  at 18:11 │Comments(0)福田二号(仮)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。