2012年03月16日

APS-3捕獲の巻

どうも、卒業が確定してしまった特務伍長です。
つまり、現役部員としては残り半月を切ったということになります。
もしかしたらこの記事がこのブログでの最後の記事になるかもしれません。
っていってもまだ細かいことは決まってないのでどうなるかわかりませんが。

さて、長いことショップで見かけなかったAPS-3が再生産されると聞いたので今日迎えに行ってあげました。






続きは以下からどうぞ。







うむ…


Maruzen APS-3
-Air Precision Shooting handgun Model 3 Original version-


はい、APS-3(OR)です。ノーマルです。最近お世話になっている赤羽フロンティアにて¥24,980。APS-3なら実は先月に限定モデルのAPS-3 LE2012が出ていたのですが色があまり好みではなかったので(&高い)わざわざORの再販を待っていたのでした。




反対側。う~ん…素晴らしい。特にグリップの握り具合。デフォでも十分使えそう。


あと今回のロットから仕様変更が入ったようで、LE2012にも入ってたアフターサービスの紙と一緒にこんな紙が入っていました。




この紙によると、今回のロットからシリンダー内のリリースバルブがピストンバルブに変更になり、アルミパーツがサンドブラスト仕上げになったようです。




あとすごくどうでもいいけど公式認定競技銃のシールが変更になってました。


とりあえず現状だと外観がどノーマルなので、



区別のためにType96と同じようなシールを作って貼ってみました。


さて、APS-3を手に入れたということは…そう、ハンドガンクラスへの参戦を意味します。
当面の目標はライフルと同様、マークスマンバッジ獲得ですね。
とはいえ当面はライフルメインで頑張ろうと思います。今後の展開によってはこっちメインになるかもしれませんが。

前回赤羽でライフル練習に行った時に社長様からAPS-3をお借りして撃ってみたのですが、ライフルと違ってブルズはそこそこ当たるもののプレートが無理ゲー状態だったので、素早いサイティングができるように練習してみます。
しばらくはオープンサイトでがんばりますが、どうしてもプレートで詰んだ場合はダット載せるかもしれません。
まぁ、なにはともあれ練習ですね。



そういえば某S&Wの大口径リボルバーが大好きな部員がなんか買ってたような…




同じカテゴリー(特務伍長)の記事画像
ねんがんの マークスマンバッジを てにいれたぞ!
はじめてのAPS
精密射撃競技向け96式狙撃銃
WE M4系列用オープンボルトコンバージョンキットIYHの巻
G36 刻印ジェネレーター
WE G39Cのストックを交換する。
同じカテゴリー(特務伍長)の記事
 ねんがんの マークスマンバッジを てにいれたぞ! (2012-03-01 23:13)
 はじめてのAPS"公式"参戦 (2012-02-27 12:44)
 精密射撃競技向け96式狙撃銃 (2012-01-28 20:18)
 WE M4系列用オープンボルトコンバージョンキットIYHの巻 (2011-07-03 00:46)
 G36 刻印ジェネレーター (2011-02-06 01:30)
 WE G39Cのストックを交換する。 (2010-12-02 00:02)

Posted by ミリタリー研究会  at 23:20 │Comments(0)特務伍長

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。